PARTNER

Originalmatオリジナルマット

オリジナルカブトマットOriginal kabuto mat

当店では独自のカブトマットを作成しております。
幼虫の成長だけでなく、利便性にも重視したマットです。

環境貢献

Featuresオリジナルマットの特徴

粒子のバランス

これまで試作してきた「微粒子マット」「中粒子マット」「粗粒子マット」の原料を一定の割合で組み合わせて作成しています。

微粒子から粗粒子までの配合により、産卵や初2令幼虫の管理はもちろん、3令幼虫の餌としても適しています。

粗粒子の乾燥の欠点を微粒子で補い、微粒子の品質維持(劣化)の欠点を粗粒子を含めることでより長期間使用できるようにしました。幼虫へのストレスを最小限に抑えるため、保水性と通気性のバランスに配慮したマットを提供しています。

添加剤未使用

オリジナルのカブトマットを作成する過程では、一切の添加剤は使用しておりません。幼虫にかかる負担を軽減し、無事に羽化させることを考慮しています。(※ただし、材料となる廃菌床には、きのこ栽培の目的で使用される添加剤が含まれています。)

また、添加剤を使用していないことで、飼育可能な種の範囲が広がります。

使いやすさ

商品は発酵工程が完了し、無酸素状態で害虫処理を行った後、品質が安定するまで一定期間休ませています。

販売時には10リットルの袋に詰めて提供しています。大量購入の場合でも、10リットルの袋で対応します。店舗では6リットル袋も販売中。
事前のご相談により、1パックあたりの量を調整可能です。
(例)らくBOX用2リットル袋、ラクBOXワイド用3.5リットル袋など。※金額は変わります。

開封後は水を加えずにご利用いただけます。水分を多めにご希望の場合は、少量の水を加えてください(※季節によっては内部の水分がわずかに減少する場合もあります)

Precautions for use使用上の注意

  • マットの内部には、金色の薄い物質がわずかに含まれています。これは金属片ではなく、土壌改良土であるバーミキュライトです。当店では、ヘラクレスを含む大型カブトムシなど(数千頭)にこのマットを使用しています。
  • 害虫対策は行っていますが、100%の害虫発生のないことを保証することはできません。可能であれば、使用前に冷凍処理することをおすすめします。
  • 開封時に強い臭いが感じられる場合やマットが熱を持っている場合は、直射日光を避け、風通しの良い場所で涼しい状態になるまで保管してください。そのまま使用すると、幼虫や成虫に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 袋の表裏の四隅に小さな穴が開いています。これは、輸送時に複数のマットを重ねたり、袋内の空気の膨張による破損を防ぐためです。また、穴を開けることにより、ガスの発生や再発酵を抑制しています(※ガスの発生や再発酵を100%防ぐことはできませんので、開封時に必ず確認してください。特に夏場には注意が必要です)。
  • 直射日光や高温の場所での保管は避けてください。これは、マットの再発酵や劣化の原因となります。
  • マットの保管中および幼虫の飼育中に白いカビのようなものが発生する場合があります。これはキノコの菌糸であり、問題なく使用できます。ただし、黄色や黒色、青色のカビが発生した場合は、幼虫の飼育に悪影響を及ぼす可能性があるため、すべてのマットを新しいものに交換することをおすすめします。